梅雨時のデートは紫陽花を見に行こう。東京周辺のおススメあじさいスポット3選。


 

さわやかな5月も終わり、梅雨真っ盛りの6月に突入ですね。

 

北海道には梅雨がないというけれど、東京周辺は曇りがちだったり、雨がポツポツ降ってきたりと、なんだかすっきりしない日々が続きます。

 

こんな時、外にお出かけというのもなかなか出来ないですが、紫陽花なら庭園で綺麗に咲くころです。

デートやお友達、家族と休日を過ごすにはベストスポットといえますね。

 

今日は東京周辺の、おススメあじさいスポットを見ていきたいと思います。

 

 

スポンサード リンク

 

飛鳥山公園の「飛鳥の小径」

http://exci.to/2LNsCth

 

東京中心あたりの紫陽花スポットは、やはり飛鳥山公園。

 

江戸時代から花見の名所として親しまれてきた歴史ある場所で、春は桜とツツジ、梅雨時期にはあじさいの名所として有名です。

 

あじさいスポットは公園の北側にある、線路沿いに約350メートルほど続く「飛鳥の小径」にあります。

 

約1,300株のあじさいに彩られた細い道は、まさにデートスポットですよね。

寄り添って歩けば、もっと仲良くなれそうです♡

 

☆飛鳥山公園

 

住所:東京都北区王子1-1-3

電話番号:03-3908-9275

最寄り駅:王子/王子駅前/飛鳥山

紫陽花の見ごろ:6月上旬~6月下旬

 

 

スポンサード リンク

 

わんダフルネイチャーヴィレッジの「あじさい園」

http://exci.to/2LNsCth

 

こちらはあきる野市の東京サマーランドに隣接する紫陽花スポットで、かなり本格的な場所となっています。

 

かなり広々とした大自然の中で、ゆるやかな丘陵に咲きみだれる約60品種、15,000株の紫陽花を楽しむことができます。

 

特に絶景なのは、純白の貴重種・アナベルが山の傾斜を埋め尽くす「アナベルの雪山」と呼ばれるエリアです。

 

雪山のような真っ白な紫陽花は、展望台から眺めることができますよ。

 

http://exci.to/2LNsCth

 

少し自然が恋しいときは、ここで沢山の紫陽花と過ごすのもいいですね。

 

☆わんダフルネイチャーヴィレッジ「あじさい園」

(東京サマーランド)

 

住所:東京都あきる野市上代継600

電話番号:042-558-5861

営業時間:平日 10:00~17:00、土日 9:00~17:00

定休日:木曜 ※あじさい観賞期間中は無休

料金:入園料 おとな 600円、こども 300円

最寄り駅:秋川/八王子

紫陽花の見ごろ:6月中旬~7月中旬

 

 

スポンサード リンク

 

南沢あじさい山

 

ハイキングがてら紫陽花を観賞したい時は、あきる野市の南沢あじさい山がおススメです。

 

http://exci.to/2LNsCth

 

ここは紫陽花が開花するころに開かれる山で、今年は2018年6月9日(金)に開園し、7月16日(月・祝)まで楽しむことができます。

 

電車でいくと、駅から徒歩40分程度なので、のんびりデートにいいですね。

 

清々しく山深い林道を彩る約10000本の紫陽花は、とても幻想的です。

 

http://exci.to/2LNsCth

 

こちらは、土地の所有者である南沢さんが約50年にわたって作り上げた場所なので、ちょっとした穴場スポットといえるかもしれないですね。

 

☆南沢あじさい山

 

住所:東京都あきる野市深沢368

電話番号:090-5540-9100 (担当:高水)

最寄り駅:武蔵五日市

開催期間:2018年6月9日(金)〜2018年7月16日(月・祝)

時間:8:00~18:00

料金:入山拝観料 大人 500円、小人 300円

駐車場 普通車:500円 二輪車:300円

紫陽花の見ごろ:6月上旬~6月下旬

 

梅雨でもお花見しよう。

 

雨が降ると気分がブルーになって、外に行くのも億劫になりますが、綺麗な紫陽花を見れるのなら、お友達を誘ったり、恋人や家族とデートに行きたくなりますね。

 

 


スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。