映画「ピーチガール」主演の山本美月。どんな性格?メルヘンとファンタジーに目覚めた10代の頃とは?


 

テレビや映画、CMなど、最近は出会わない日がないぐらい人気がどんどん上昇している山本美月さん。

 

5月下旬公開の映画ピーチガールでは、恋に一生懸命な女の子(安達もも)を演じるということで今から楽しみです。

 

今日はそんな美月さんについてチェックしていきますね!

 

スポンサード リンク

 

プロフィール&オタク?突きつめていく性格?

http://bit.ly/2qQ5lQ7

 

名前: 山本 美月(やまもと みづき)

生年月日: 1991年7月18日(25才)

出身地: 福岡県

血液型: O型

学歴: 明治大学 農学部 生命科学科

身長: 167 cm

スリーサイズ: 77 – 59 – 85 cm

愛犬: ポメラニアンのコツメ

 

美月さんの今の女優業の原点となっているのは、

14才の頃に家族とドイツ旅行にいって、メルヘンの世界に触れたからだとか。

 

ドイツのロマンティック街道には、

 

ローテンブルクの中世の城塞都市や、

フッセンのノイシュヴァンシュタイン城があるのですが、

ここがまさに私たちが想像するファンタジーの世界なんですよね。

 

↓ ローテンブルクの街並み

http://bit.ly/2pu9d4f

 

↓ 雪のノイシュヴァンシュタイン城

http://bit.ly/2qpwOs1

 

私も訪れたことがあるのですが、とても可愛らしい街です。

 

その頃の彼女は、

毎日学校に行って部活して。。という繰り返しの日々を送っていて、

とても退屈だなって思っていたそうです。

 

どうして漫画に出てくるように、

犬が突然しゃべりだしたりしないんだろう。。。

素敵な人に出会わないんだろう。。。

 

みたいな 笑

 

そして、ドイツ旅行のメルヘン街道の世界をみて、

「ファンタジーの世界で生きていきたい!」

「この退屈な世界から抜け出したい!」

 

と思ったそうです。

 

そう強く思って暮らしているとですね。。。

 

なんと、スカウトされたのでした!

 

その後、華々しく雑誌『CanCam』の専属モデルになるのですが、

笑顔がうまく作れない、

ポージングがわからないなど、

 

苦しい日々が始まるのでした。

 

↓ 雑誌CanCamでのデビュー号

http://bit.ly/2q4i8eY

 

彼女は、現代のファンタジーの世界とは、

テレビの中でお芝居をすることだって思っていて、

色んなオーディションを受けていました。

 

そして、2011年の映画「桐島、部活やめるってよ」にめでたく合格したということです。

 

そこから、自分らしさが出てどんどんファンタジーにはまっていったようですね。

よかったです♪

 

お芝居が始まると、

自然にモデルのお仕事でも笑顔になれて、

うまく運んでいくようになったとのことですね。

 

今の現状がしっくり来なくても、求め続けていれば、

そこにたどりついていけるものなのかもしれないですね。

 

思いを持って行動するってとっても大事なんだな。

 

 

スポンサード リンク

 

25才だけど高校生役の映画「ピーチガール」

http://exci.to/2q20GK6

 

映画の公開直前イベントで高校の制服を披露した美月さん。

 

お姉さんの年齢なので、制服って。。。と躊躇されていましたが、めっちゃ可愛いですね。

もともと清楚で清潔感がいっぱいの女の子なので、なかなか似合っています。

 

やはり、「桐島、部活やめるってよ」の頃の方がもうちょっとリアルでしたが、

コレもありかなって思います 笑

 

そんな美月さんですが、27才には結婚したいそうなので、

現在、絶賛婚活中です。

 

我こそは!という、素敵な男子はがんばってみて下さいね!

 

これからの美月さんの活躍が楽しみでしょうがないです♪

 

 


スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です