NHK朝ドラ「わろてんか」でお笑い芸人役の大野拓朗♡受験生は最後までねばって!拓朗的オーディション(受験)必勝法とは?!  


 

ただいまNHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」に絶賛出演中の大野さん。

お笑い芸人のキース役として活躍中ですよね。

 

大野さんと言えば、すでにNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」にも出演していたり、映画「高台家の人々」でもいい味を出していました。

 

そんな彼が、11日日本マクドナルド『新生カフェラテ』発表会に出席した折に、受験生にエールを送ってくれましたよ!

 

 

スポンサード リンク

 

受験の基本「最後まであきらめない」

 

11日に都内で行われた、日本マクドナルド『新生カフェラテ』発表会に出席した大野さん。

 

彼は立教大学出身ということもあって、13日から大学入試センター試験が始まる話題になったのでした。

 

大野さんは

 

「浪人して2回センター試験を受けた。コーヒー飲みながら勉強していました」

 

とのこと。

 

なかなか新作コーヒーの宣伝がうまいですね(笑)。

 

 

受験生に向けては

 

「最後まで諦めないで」

 

と応援の言葉をくれました。

 

 

コーヒーはカフェインが含まれているので、ぼんやりした頭もシャキッと覚醒してくれますよね。

私もお仕事の合間にコーヒーや紅茶のお世話になっていて、ほっと一息ついています。

 

 

スポンサード リンク

 

拓朗的オーディション(受験)必勝法!

 

NHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」でお笑い芸人のキース役として出演している大野さん。

 

そんな大野さんは朝の連ドラに2回出演していて、当時のオーディションについて必勝法?!を語ってくれています。

以下、大野さんの語り口調で、どうぞ(笑)。

 

 

「とと姉ちゃん」(2016年)の場合。

 

雑誌の編集者の話だと聞いていたので、面接へは編集者をイメージした服装で行ったんです。

 

国立国会図書館に行って「暮しの手帖」を見て勉強していたので、

 

「今日は“編集マン”ぽい格好をしてきました」

「国立国会図書館で勉強してきました」

 

と自慢したんですね(笑)。

 

 

そしたら、(青柳)清という、自慢ばかりしている役に決まったんです(笑)。

 

 

 

「わろてんか」(2016年)の場合。

 

今回はお笑いの会社を作る話だから、会社員ぽい格好で行こうと思いました。

 

それでスーツにネクタイをしめて、ビシッとした服装で行ったんですが、他にはそんな格好の人はいなかったという…(笑)。

 

ですが、最終的には背広を着て漫才をするスタイルを作ったキース役に決まったので、今回も服装の戦略でオーディションに成功しました!…と、自分では思っています(笑)。

 

 

 

なるほど。

 

物語のイメージを膨らませながら、オーディションに臨んでいるんですね。

 

当然といえば当然だけど、そのものになりきっていて、審査する人にも伝わりやすいキャラまで落とし込んでいたということでしょうか。

 

さらには、大野さんを起用することで脚本も変わる勢いさえも感じますね。

 

 

役柄のマッチングと本人の魅力重視のオーディションと、主に筆記の受験とは異なるといえばそうですが、

 

それでも、受験対策にも応用できそうですね。

 

センター対策本や、自分が狙う大学の赤本(今もそう言う?)をねちっこく繰り返し勉強して、自分もなりきっちゃうまで行くと、合格がぐっと近くなりそうです。

 

これから寒い日が続きますが、受験生の方は体調に気をつけて、気持ちを軽やかにして試験にのぞんで下さいね!

 

 

スポンサード リンク

 

プロフィール

http://bit.ly/2CSeFWj

 

名前: 大野 拓朗(おおの たくろう)

生年月日: 1988年11月14日(29歳)

出生地: 東京都

身長: 184 cm

血液型: A型

学歴: 立教大学コミュニティ福祉学部 卒業

職業   俳優

趣味: キックボクシング、筋トレ、 ファッション、読書、映画鑑賞、音楽鑑賞、ドライブ

 

 

高校在学中に、3年連続でミスター・コンテストで優勝する。

2009年、立教大学で第25回ミスター立教に選出される。

 

キャンパスター★H50withメンズノンノでグランプリ受賞がデビューのきっかけ。

 

 


スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。