ドラマ「リピート~運命を変える10か月~」主演の本郷奏多♡「握手会」で神対応!?潔癖症でも恋人繋ぎOK!!本郷さんから学ぶ衛生事情♪


 

連続ドラマ「リピート~運命を変える10か月~」に主演中の本郷奏多さん。

 

子役の頃からずっとコンスタントに活躍されていて、カメレオン俳優ともいわれ、演技力も高く評価されている実力派の俳優さんですよね。

 

本郷さんといえば潔癖症ですが、それなのに握手会なんか開いていますが、だいじょうぶなのでしょうか?(笑)

 

 

スポンサード リンク

 

本郷さんの潔癖症の程度は?

 

本郷さんはこんな行為が苦手。

 

「食事は異物を体内に取り入れる行為。食事をせずに生きていきたい」

「キスはお互いのバクテリアを交換する行為」

「プールや温泉は他人の体液がにじみ出たもの」

「エレベーターのボタンを押す時は、スマホか肩を使って押す」

 

と発言するなど、猛烈な潔癖症なのだと思わせる発言をしていますよね。

 

 

食事も異物というあたり、菌というより自分以外との物の直接接触が苦手のような印象をうけますが、

 

そんな彼も俳優&タレントさんとして、女優さんと一緒に演技をしたり、不特定多数の人と握手をすることから離れることはできません。

 

 

では、握手会ではどんな対応をしているのでしょうか?

 

 

スポンサード リンク

 

握手会では神対応♪

 

本郷さんは潔癖症でもがんばります。

 

握手会ではファン全員に笑顔でガッチリ握手してしているとのこと。

 

また、普通の握手だけではなく、指をからめる恋人つなぎや指相撲にまで挑戦していたということですから、ここまでくると偉いです!

 

ネットでも、

 

「本郷が握手会神対応ってマジですか?」

「いやいや、ギャップすごい」

「これが本当なら人気が出るのも分かる」

 

などとつぶやかれているようです。

 

女優さんとの演技上のキスも、乗り気ではなくとも仕事であれば腹を決めて取り組むという一大決意を語っていたことがあるので、握手会も同様に頑張れたんでしょうね。

(女優さんとキスって、本当はすごい嬉しいことのはずだけど 笑)

 

本来、ドラマや映画の撮影現場の休憩中も、共演者話すのが苦手な彼ですが、ファンとなら打ち解けて話すという行動もすごいですね。

 

 

スポンサード リンク

 

潔癖症とは?

 

本郷さんが言われている潔癖症とは、いったいどんな定義なのか、ウィキペディアで簡単にチェックしてみました。

 

「潔癖症(けっぺきしょう)とは、不正や不潔を嫌い、どんなものにも妥協しない完全なものを求める性格をいう。またに不潔恐怖症の意味でも用いられる。」

 

こちらは、実際に汚れていないのに汚れているように強く感じすぎたりすると病気の一種となるようですね。

 

本郷さんから学んでみる。

 

本郷さんが言うところの、

 

「キスはお互いのバクテリアを交換する行為」は、

実際に口腔内の菌は互いに移行して、歯周病系の菌は感染することが知られています。

 

「エレベーターのボタンを押す時は、スマホか肩を使って押す」は、

風邪やインフルエンザを引きおこす細菌やウイルスがボタンに付着している可能性があるので、その手で自分の鼻の粘膜などに触ってしまうと感染してしまいます。

 

そのあたりは実は結構いいこと言っているのかもしれないので、その仕組みを知っておくのは悪くないかもしれないですね。

 

また、自分が苦手なこと(潔癖症など)を前もって周囲に伝えておくと、みんなに理解されやすいので、本郷さんのように振舞えると比較的楽な気分で暮らしていけるかな(笑)。

 

プロフィール

http://bit.ly/2rgDQ3v

 

本名: 本郷 奏多(ほんごう かなた)

生年月日: 1990年11月15日(27才)

出生地: 宮城県仙台市

身長: 174 cm

血液型: O型

学歴: 日本大学芸術学部写真学科卒業

職業:  俳優、声優

趣味: ガンプラ、ゲーム、音楽鑑賞、テニス、ベース、ギター

 

 

 


スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。