ドラマ「未解決の女警視庁文書捜査官」に主演の波瑠♡女優になるまでの険しい道のりって?!恋愛観はどんな感じ?


 

ドラマ「未解決の女警視庁文書捜査官」に主演する波瑠さん。

 

ファッション雑誌「seventeen」や「non-no」のモデル経験があったり、すでにNHK連続テレビ小説「あさが来た」で主演するなど、華やかなイメージのあるモデル&女優さんですよね。

 

今日は、女優になるまでの葛藤や恋愛観、ドラマの仲間たちとの楽しいエピソードについてみていきたいと思います。

 

 

スポンサード リンク

 

ドラマ「未解決の女警視庁文書捜査官」って?

 

「未解決の女警視庁文書捜査官」は、4月19日からスタートする新ドラマです。

 

時効廃止後、警視庁は未解決事件を継続捜査する「特命捜査対策室」を開設するのですが、文書解読係に配属された2人の女性刑事の波瑠さんと鈴木京香さんが、個性豊かなおじさま捜査官たちにもまれながら“文字”で未解決の謎を暴いていくという物語です。

 

波瑠さんは、アクションやバタバタするシーンが多いため、すごく体力を奪われるので、良く食べて良く寝るようにしているようですね。

 

また、撮影には遠藤憲一さんも参加されているのですが、

 

「私(波瑠さんのこと)が現場に行った日の日課として、遠藤さんが昨日召し上がられたスイーツを聞く、というものがあるんです。」

『昨日は何を食べたんですか?』と聞くと大体安定した答えが返ってくるので(笑)」

 

と、楽しそうな現場について語っています。

 

遠藤さんはイメージと違うのですが、

「昨日はプリンです。最近甘い物にハマっちゃって。それがバレちゃっていて」

「いままで、もなかが大嫌いだったんです。でもこの前食ってみたらすげえうまくて!体質が変わっちゃいました。すげえうまい」

 

などと答えていました。

いい感じの撮影現場ですね~。

 

やっぱり仕事は、楽しく&真剣にですね!

 

 

スポンサード リンク

 

アナザースカイで女優までのつらい時期を語る。

 

ファッション雑誌「seventeen」や「non-no」のモデル経験があったり、すでに朝の連続ドラマ「あさが来た」で主演を果たしているほどの実績があるのですが、ここまでたどり着くまで、大変な思いをしてきたようです。

 

アナザースカイに出演した際に、波瑠さんの選んだタイで、いろんなことを語ってくれました。

学生の頃には、いじめにあっていて、学校に行っても友達としゃべることはあまりなくて、つらい学生時代を送っていたみたいですね。

 

そんな中で女優活動を始めようと思ったのですが、そのきっかけも、学校以外に楽しめる場所を作りたかったからだと言います。

 

デビューしてから今年で13年たっているので、すぐに人気ものになれたわけではないのですが、今ではすっかりスターになれましたね。

 

よかったです(笑)。

 

女優という道を選んだ理由は、前向きに取り組んでいける職業であり、

「挑戦し甲斐がある」ということだそうです。

 

どこかとても芯のある女性だと思っていましたが、子供の頃の経験を乗り越えたことが彼女をより強くしたのかもしれないですね。

 

 

スポンサード リンク

 

どんな恋愛観をもってる?

 

TV「新春しゃべくり4時間半SP」に出演した際には、ちらっと恋愛について語っています。

 

付き合うなら芸能人と一般人、どちらがいいか、という質問があったのですが、

 

「一般人だと、自分に幻想を抱いているかもしれないと懸念を持ってしまう。」

「きれいにしてるのなんてカメラの前だけじゃないですか」

「腹巻とかするし」

 

やはり、一般人だと夢をこわしてがっかりさせることになるかもしれないので、その点、裏表があることを知っている芸能界の人の方がいい、というか楽?なようですね(笑)。

 

波瑠さんにも、ちらっと芸能人との恋の噂がありましたが、やっぱり気楽なのかな?

 

プロフィール

https://bit.ly/2vkNDaK

 

名前: 波瑠(はる)

生年月日: 1991年6月17日(26歳)

出生地: 東京都

身長: 164 cm

体重: 42kg

血液型: O型

趣味: 絵を描くこと、ドライブ、お風呂、映画鑑賞

職業   女優・ファッションモデル

 

 


スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。