冷凍食品は解凍すると旨みが消える&縮んで硬くなる!?冷凍シーフードミックスを美味しくシャキッと食べる方法って?!


 

冷凍シーフードミックスは、エビ、イカ、アサリを下ごしらえせずにお料理に手軽に使えて重宝しますよね。

 

でも、その反面、やはり縮んでゴワゴワの食感になったり、旨みもなくなったりと、気になる部分が多かったりします。

 

そこを何とかしたいなって思いますが、実はコレ、本当にちょっとしたコツで防ぐ方法があるようです。

 

今日はそのあたりをチェックしていきますね!

 

 

スポンサード リンク

 

シーフードミックスが縮む&不味くなる原因。

 

「シーフードミックス」とは、エビやイカ、アサリやホタテなどの魚介類をゆでて急速冷凍したものです。

 

一般的な処理として「塩水」を使う工程があるため、魚介類の周りや内側には「塩」がある状態になっています。

 

この塩をまとった魚介類を水の状態からグツグツゆでたり、水に漬けて解凍しようとすると、浸透圧の関係により「塩分」はより濃度の低い水のほうへ流れこんでしまうので、「旨味成分」も一緒に外側に抜けてしまうことになるようです。

 

そして不味くなる、という残念な結果に。

 

シーフードミックスを美味しく食べる方法。

 

ということは、塩分・旨味が放出しにくいように解凍すれば美味しくなるってことですよね(笑)。

 

じゃあ、どうすればいいか?

 

塩水に漬けて解凍をして、調理は短時間で仕上げればいいということだそうです。

 

 

スポンサード リンク

 

解凍&調理方法

 

解凍する際の塩分量は「ちょっと濃いめ」がよいらしく、水500mlにつき大さじ1の塩を溶かしてください。

塩水に漬ける時間は、夏は10~20分程度、冬は30分~1時間程度を目安にするとよいようです。

 

解凍できたら、シーフードの周りの水分をしっかり吸い取ります。

 

この段階で塩分がしっかりついている状態なので、料理の味付けはいつもよりも「薄め」にすることがポイントです。

 

冷凍シーフードは、すでに茹でて火に通った状態なので、料理に投入するタイミングは「最後の仕上げ」で十分で、さっと火を通すくらいでいいです。

 

冷凍していたはずなのに、エビもイカもアサリも意外にぷりぷりで、旨みもある状態になるということです。

 

美味しくなると嬉しい♡

https://bit.ly/2OPo5aV

 

ちょっと気をつけるだけで、美味しくなる冷凍シーフード。

毎日の食事に上手に取り入れたいですね!

 

 

 

参考 食文化研究家、長寿美容食研究家 スギ アカツキ


スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。