映画「ラブ×ドック」主演の吉田羊♡理想のキスって?!これまでどんな恋愛をしてきた?


 

映画「ラブ×ドック」で主演する吉田羊さん。

 

アラフォーあたりからブレイクが始まった遅咲きの女優さんですが、美しくて面白く、かっちりした演技が印象的な素敵な女性です。

 

今日はそんな吉田さんの理想のキスやこれまでの恋愛についてチェックしていきますね!

 

 

スポンサード リンク

 

理想のキスは?

 

吉田さんが初めて主演を務める映画「ラブ×ドック」は、遺伝子レベルで恋愛を診断するというクリニック“ラブドック”で、「危険な恋を抑制する特別な薬」を処方されてしまった恋愛体質のパティシエの剛田明日香(吉田羊 演)の恋愛を描いたラブコメディーです。

 

細胞レベルの恋っていうのは昨年よく聞きましたが(笑)、今年は遺伝子レベルにまで進化したんですね。

 

この映画では様々なキスシーンが登場するとのことなので、舞台挨拶の際には、キャストさんたちの好きなキスのシチュエーションが質問されることとなりました。

 

吉田さんはすっごく大人っぽいことを答えていますよ(笑)。

 

「髪型を変えたときに、『何? 髪切ったの? 可愛いじゃん~』と言って(髪を)触りながら、引き寄せてチュってされたら(笑)」

「唇とかほっぺとか、オーソドックスなところではないところにキスをされることで、自分の体を形作るパーツ全てを愛してくれているという感じになれる」

 

うーん。

 

やっぱり恋愛をいっぱいしてきたのかな?

大人の女性の魅力が満載です。

 

 

スポンサード リンク

 

これまでの恋愛について。

https://bit.ly/2Ko7HvD

 

9日に放送された『今夜くらべてみました』では、吉田さんの過去の恋愛を特集していました。

 

あんまり信じられないのですが、吉田さんは客演として参加した劇団のメンバーと交際していたことがあるのですが

「ボロ雑巾のように捨てられた」などと告白しています。

 

また、7~8年の単位で付き合うものの、最終的に

「重たい」と言われてしまうようですね。

 

番組内でも「恋愛偏差値35」だなんていわれてしまうぐらいです。

 

恋愛の取っ掛かりはいいのだけど、付き合い続けるとしんどくなってくるタイプなのかな?

 

ちなみにこれも謎なんですが

「告白されたことない」ともコメントしています。

 

なかなかうまくいかないもんだなー。

 

中島裕翔さん。

 

 

2016年には、Hey!Say!JUMPの中島裕翔さんと「7連泊愛」が報じられていましたが、どうなってしまったのカナ?などと考えずにはいられないですね。

 

 

スポンサード リンク

 

プロフィール

 

名前: 吉田 羊(よしだ よう)

本名: 吉田 羊右子(よしだ ようこ)

愛称: ひつじ

生年月日: 1974年2月3日 (44歳)

出生地: 福岡県久留米市

身長: 163 cm

血液型: O型

職業: 女優

趣味: アンティーク着物、スキューバダイビング

特技: ピアノ、博多弁、動物の鳴き真似

 

福岡県久留米市で牧師の家庭に生まれた。

 

子供の頃からお芝居が大好きな子供だったこともあり、社会人になってから、小さい劇場が募集していた女優に応募して演劇を始めた。

 

2007年に舞台を見に来た今の事務所の人にスカウトされたことが芸能界入りのきっかけとなる。

 

2014年版「HERO」で知名度が急上昇した。

 

 


スポンサード リンク

コメントは受け付けていません。